スロット設定狙い 立ち回り方法論 「簡単な朝一の台選びの方法」

2015年12月25日

スロット設定狙い 立ち回り方法論 「簡単な朝一の台選びの方法」

にほんブログ村 スロットブログへ


こちらはスロットの設定狙いで勝つ為の方法論を書き記しております。

天井ハイエナが下火になってきた昨今。設定狙いで設定6をツモッて勝ちたい方必見の内容となっております。良かったらご覧下さい。



今回でこのシリーズは6記事目となりますので、過去記事も良かったらご覧下さいませ。
番外編 店長が変わった時の対策
閉店時の下見や朝イチのチェックで設定6を掴む!
設定狙いにおける消去法
優良ホール・イベントを見つける
高設定を使っているホールとは?


今回は、凄く単純かつ設定6をツモる確率が上がる方法をご紹介したいと思います。


「データとったり、下見を毎日の様にする暇が無い!」
「そんなにごちゃごちゃいっぱい考えてらんない!」

という方。

「初見のホールだし何もわかんないや…」
「クセが全然解らねぇ…」

という方もおられるかと思います。

なのでそんな方の為に凄く簡単な朝一の台の選び方をご紹介したいと思います。下見は一切不要!でございます。ご覧下さい。


ースポンサードリンク-


@増台機種を狙う
新台ではなく増台というのがポイントですね。
新台は余程の話題作じゃないと、むしろ高設定を使わないホールが多いので避けた方が無難です。

最近は凄くヒットする機種というのは珍しく、ホールが大事な新台入替費用を回してまで、旧台を増台するのはそこそこの勇気がいります。

どうにかしてお客さんをつけたいと思っているはずなので、増台してからしばらくの間は高設定を使うケースが多いですね。

増台してから最初の特定日や、イベントを狙ってみるとなお良いです





Aシマ(機種)のド真ん中に座る
シマ(機種)全体の挙動が見やすいので消去法が使いやすいのが利点ですね。
全6機種があるイベントなんかでも有効といえます。

とりあえずド真ん中に座り、ツモれたらラッキー。
朝一でツモれなくても、周りの台をなるべく見ることで高設定台の目星を付けておく。

ライトユーザーが多いホールなんかだと、後ヅモする確率がかなり上がるので特に有効な方法ですね。





B多台数設置機種を狙う
単純に台数が多いと回収が容易な為、平均設定が高くなりがちです。
いわゆる「多売薄利」の精神ですね。

ただしその機種だけで設置が20台以上とかになってくると、設定5・6を使わず中間設定を散らしてくる傾向があるので要注意。

わざわざ6を使わなくても、中間設定を何台か入れておけば6挙動になる台が出てくるので、使う必要が無いんだろうと思われます。





Cカド台には座らない
カド台は圧倒的に高設定を使わないホールが多いですね。

というのも、
「カド台は居心地の良さや慣習から元々稼働率が良い」「稼働率が良いと低設定でもマグレで出てしまうことが多い」

そーなると、
「このホールカド台がアツいのか?よし角台うってみよう!」「さらに角台の稼動が上がる」

という、蟻地獄の様な現象が生まれているホールが多いですね。
ホール側からすればこの蟻地獄現象により、ほっといても高稼動なのだから設定を入れないことが多いので、角台は基本オススメはしないです。






以上になります。

もちろんここに書いた事は100%のホールには当てはまりません。
ですが、かなりたくさんのホールをここ10年で見てきましたが、自分が見てきた限りではここに書いたことが1つ以上は当てはまるホールがほとんどです。

参考にしていただいて、少しでも皆様の設定狙いのお役に立てればと思います。


次回のテーマはまだ未定ですが、まだお伝えできる事がたくさんあると思いますので、また書かさせていただきますね。



今回でこのシリーズは6記事目となりますので、過去記事も良かったらご覧下さいませ。
番外編 店長が変わった時の対策
閉店時の下見や朝イチのチェックで設定6を掴む!
設定狙いにおける消去法
優良ホール・イベントを見つける
高設定を使っているホールとは?


ースポンサードリンクー



にほんブログ村 スロットブログへ


posted by てんぱ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 設定狙いで勝つ方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。